神奈川のマンション改修業者を利用して良かった事について

有料で見積もりを出してもらいました

正確な見積もりを出してもらうために、その3社に有料で見積もりを出してもらいました。
見積もりの代金に大差がなかったんですが、アフター保証が一番長い業者が良いと理事会で意見が一致して、神奈川県のマンション改修業者を選びました。
その業者の営業担当者と工事担当者が管理組合の総会に来て、10年修繕に絶対にやるべき外壁のひび割れの補修や共用箇所の床やベランダやガラス窓などの改修以外で、予算範囲内でできる箇所の説明を受けました。
必須箇所以外のマンションのエントランスの扉や、監視カメラの設置などを選ぶアンケートを全ての住戸に配りました。
アンケートの結果を踏まえて、正確な見積もりを出してもらって、その予算に不満が無いかを承認してもらう委任状を各住戸を回ってお願いしました。
全住民の承認を得られて、理事長になってから半年掛ってやっとその神奈川県の改修業者に正式な工事依頼の契約をする事が出来ました。
契約完了したらすぐに工事という訳ではなく、修繕工事中に窓が開けられないと言う事で、住民の要望が多かった11月に工事が始まりました。
まずマンションの周りを囲むように、スチール製の足場を5日ぐらい掛けて組まれました。
上の階から行って行く事になっていて、最上階まで足場の外をブルーシートで囲みました。

10社から3社に絞りました有料で見積もりを出してもらいました選んで良かった業者